歌が上手くなる【初級】

【歌が上手くなる方法】水分補給をまめにする

こんにちは、ボイトレブロガーの
かづき(@かづき)です!

今回は歌が上手くなる方法として
水分補給をまめにするというテーマで
記事を書きました。

約3分で最後まで読めますので
お付き合いいただけると
幸いです、よろしくお願いします。

おなやみ君
おなやみ君
歌を歌うときは水分補給を
まめにしたほうがいいって

よく聞くけど
実際どうなのかな?

あと、歌が上手くなることに
繋がるのか、気になるな…

ねっけつ君
ねっけつ君
歌を歌うときに、水分補給を
まめにすることはとても
大事だよ!

歌が上手くなることにも
繋がるから是非意識して
ほしい!

具体的にどういう風に
水分補給をするべきかなど
細かい点について
この記事で解説していくよ!

ボイトレを語るにあたって


筆者は高校時代超絶音痴で、周りから

「歌は向いていない、やめたほうがいい」
といわれるレベルでした。

しかし、5年間のボイトレを
続けたことで、歌がかなり上達し

現在では、ボイストレーナーとして
生徒さんに対して指導を行うレベルまで
成長できました。

本当に下手なところから上達した経験を
もとにブログを更新しているので

皆様に役立つ情報を発信できると
確信しています!

↓参考記事
【自己紹介】ボイトレブログを書くにあたって

↓参考音源

5年前はこのぐらい下手でした↓
(下手すぎて恐怖音源レベル)


 

5年間のボイトレでここまで変わりました↓
(まだまだ修行中ではありますが)

最近一番良かったカラオケの音源です↓

 

歌が上手くなる方法:水分補給をまめにする

今回は、このテーマを
深堀していこうと思います。

まず結論からいうと
歌が上手くなるために
水分補給をまめにすることが
大切です。

しかも、水分補給をまめにする
ことは誰でも簡単にできる
内容なのでおすすめです。

最近、自身が歌を練習している時や
生徒さんに対してレッスンを
行っている時に

水分補給がおろそかに
なっている事で声が出づらい
ケースがあり水分補給を

まめにすることの重要さを
再度、感じたので

今回、記事を書くことにしました。

では、なぜ水分補給をまめに
することが歌が上手くなることに繋がるか

下述で深堀していきます。

水分補給をまめにすると
歌が上手くなる理由

色々な記事で繰り返し
主張していますが

歌を歌うにあたって一番
重要な箇所は声帯です。

水分補給をまめに行うと
歌が上手くなる理由は

水分補給をした際に
口の中(口腔)が湿り
声帯に水蒸気が運ばれ
やすくなり声帯が潤うからです。

よく、勘違いする方が多いのですが
水分補給をした際に

その水分が直接声帯に触れる
ことはありません。

上記の通り口の中(口腔)が
湿った状態で息を吸ったときに
水蒸気が運ばれやすくなり

声帯が潤うという仕組みです。

歌が上手くなるための、実際の水分補給方法について解説

歌が上手くなるための

まめな水分補給について
実践方法を紹介しようと思います。

①カラオケにきて最初に(歌う前に)コップ半分~1杯分の水分をとる

歌う前に、最低コップ半分
飲めれば1杯分の水分をとりましょう。

体は、自分が感じている以上に
水分を欲しがっています!

あとドリンク選定の時に絶対NG
なのがウーロン茶です。

こいつは、油分を奪っていく
特性を持っているので
水蒸気になって声帯に届いた際に
声帯の潤いをすべて持っていくので

飲むのはお勧めしません。

基本的に、水が一番です。
その他、極度に冷たいもの
炭酸などもお勧めしませんが
一番やばいのはウーロン茶。

②1曲歌い終わるごとにコップ半分~1杯の水分をとる

曲を歌い終わるごとに、できれば
水分補給をしましょう。

曲や歌い方にもよりますが
歌を歌うという行為は
人が思っている以上に
声帯が振動しているので

できるだけ、水分補給して
潤いを与えてあげるのが
ベストです。

まとめ

最後まで記事を読んでくださり
ありがとうございます!
今回の記事では

①歌が上手くなる方法として
 水分補給をまめにすることと
 するべき理由

②歌が上手くなるための
 実際の水分補給方法を解説

2点について書かせていただきました。

次回もこのようにボイトレに関する
情報を更新しようと思いますので
また見ていただけると幸いです。

記事に関しては以上になりますが

記事に関する質問・歌に関する
質問がある方はお気軽に連絡ください!

TwitterのDM・ブログ質問フォーム
どちらでも大丈夫です!

Twitter:(@kazuki_voitore)

ブログ質問フォーム:お問い合わせページ

レッスン詳細:ボーカルレッスン詳細

では、また次回の記事で
お会いしましょう!