歌が上手くなる【中級】

【歌が上手くなる方法】ミックスボイス(正しいフォーム)で歌う

こんにちは、ボイトレブロガーの
かづき(@かづき)です!

今回は歌が上手くなる方法として
「ミックスボイス(正しいフォーム)」
の考え方について
解説していきます。

約5分で最後まで読めますので
お付き合いいただけると
幸いです、よろしくお願いします。

おなやみ君
おなやみ君
ミックスボイス=正しいフォーム?
歌に正しいフォームがあるの?

できたらどんなメリットが
あるんだろう…

ねっけつ君
ねっけつ君
ミックスボイスを習得すると
音程を外さなくなる・高音が
楽に発声できたり

メリットしかないから是非
習得してね!!

簡単にみたい方は、
こちらのYoutube版がおすすめです↓

ボイトレを語る筆者の信頼性

5年のボイトレで音痴を克服した
という点が、一番わかりやすい
信頼性だと思います!

【自己紹介】ボイトレブログを書くにあたって誰でも歌が簡単に歌が上手くなる方法をブログ形式で更新しています。 今回の記事は、ボイトレブログを書くにあたって筆者の意気込みとボイストレーナーとしての強みを、記事として書いています。...

この記事を読むと歌が上手くなる理由

歌が上手くなるために重要な
「正しいやり方」を軸に
記事を書いているので

この記事を含め他の記事を
見てもらえると、歌が上手くなる
ことにつながると考えています!

かづき@ボイトレブログの記事を読むと歌が上手くなる理由このページでは このブログのすべての記事に共通する 「なぜ記事を見ると歌が上手くなるのか?」 という本質とか、前提条件に近...

歌が上手くなる方法:ミックスボイス(正しいフォーム)で歌う

歌が上手くなる方法について
他記事にて、色々な話をしていますが

今回の話は特に重要な
内容になります。

結論から、歌が上手くなる為に
一番重要なのはミックスボイス
(正しいフォーム)で歌うことです。

下述で深堀していきます。

ミックスボイス(正しいフォーム)とは?

ミックスボイス(正しいフォーム)=
どんな発声でも、明るく・はっきりした
声質が自分の声に混ざっている状態です。

この声で歌えている時の
多くの共通の感覚としては
・響きを高い位置に感じる状態です

例を挙げると
・スキマスイッチの大橋さんの発声↓

悪い状態の発声とは?

悪い状態の発声=
発声に対して、明るく・はっきりした
声質が自分の声にあまり混ざっておらず

暗く・こもった声質だけで
歌っている状態です。

この声で歌っている時の
多くの共通の感覚としては
正しいフォームで
発声した時と比較して

響きが低い位置にある感覚です。

いい例が見つからなかったので
サンプルを作りました↓
・悪い発声サンプル(音程はC4です)


 

2つの発声の違いを体感しましょう

明るい声を出しやすい音と
暗い声になりやすい音が
あるので、それぞれを発声してみて

明るい声と暗い声を
出した時の差を体感しましょう

使う音はピアノのC4です。
(高くもなく低くもない音)

音ごとのサンプルを張り付けたので
真似してみましょう。
使う音程はすべてC4です。

アで発声:暗くもなく明るくもないフラットな声質を出しやすい

ナで発声:明るい声質を出しやすい

ニャで発声:かなり明るい声質を
出しやすい

 

常に明るい声質が混ざった状態で歌いましょう

暗い声質を真似して出した時と
明るい声質を真似して出した時で
声の変化を感じましたか?

この、明るい声質を真似して
出した時の声が常に自分の歌声に
混ざっている感覚で歌うことが
できればかなりプロの発声に
近づけます。

ただし前提条件が2つあります

ただ、ここまでの話だけでは
ミックスボイス(正しいフォーム)
は完成しておらず

フォームを完成させるために
前提条件が2つあります。

前提条件①:体に余分な力が入っていない
前提条件②:喉を開く

この2つです。

この内容については
こちらの記事で解説しています↓

【歌が上手くなる方法】歌う前に体の余分な力をとる誰でも簡単に歌が上手くなる方法をブログ形式で更新しています。 今回の記事は、歌が上手くなる方法として、歌う前に体の余分な力をとるというテーマで記事を展開しています。...
【歌が上手くなる方法】喉を開いてから歌う誰でも簡単に歌が上手くなる方法をブログ形式で更新しています。 今回の記事は、歌が上手くなる方法として、歌う前に体の余分な力をとるというテーマで記事を展開しています。...

まとめ

最後まで記事を読んでくださり
ありがとうございます!
今回の記事では

①歌が上手くなる方法として
 正しいフォームが大切
②正しいフォームとは何か
③悪い状態の発声はどんなものか
④2つの発声の違いを体感
⑤常に明るい声質が
  混ざった状態で歌う
⑥ただし、前提条件が2つ
 (別記事解説)

6点について書かせていただきました。

次回もこのようにボイトレに関する
情報を更新しようと思いますので
また見ていただけると幸いです。


記事に関しては以上になりますが

記事に関する質問・歌に関する
質問がある方は
お気軽に連絡してください!(@かづき)

TwitterのDM・ブログ質問フォーム
どちらでも大丈夫です!

※基本的にすべての質問にお答えします。

では、また次回の記事で
お会いしましょう!