歌が上手くなる【中級:まとめ】

「ボーカルイメージ」を明確すると最速で歌が上手くなる!

こんにちは!5年のボイトレで
音痴を克服したボイストレーナー

かづき(@かづき)です!

突然ですが、リスナーの方に質問です!

リスナーの皆さんは、歌う時に
「何を意識して」歌っていますか?

「〇〇を意識して歌ってるよ!」
「特に歌う時は何も意識してないかな〜!」

など、十人十色で
色々あると思います。

ただし、歌が上手くなりたいなら
「どのようなイメージで歌うか」
明確に決めた方がいい。

これが、5年以上ボイトレを
やってきた結論です。

そして、これはどのボイトレサイトや
ボイトレ本にも書いてない独自の
考え方ですが、

「どのようなイメージで歌うか」
ということに対して「ボーカルイメージ」
と言う名前をつけました。

今回の記事では、「ボーカルイメージ」
について歌が上手くなるために
どのように整えていくべきかを
解説していこうと思います!

今回の内容は中級者向け内容の
まとめとなっています!

動画版もあります↓

「ボーカルイメージ」とは?
→筆者の5年を万人向けに整えました!

ボーカルイメージ 画像
さっそくですが、これが筆者の
ボーカルイメージです。

画像の通り①・②を意識して
③・④はできていないときに
チェックする(無意識)です!

そして、①・②も慣れてきたら
だんだん無意識に自然となるよね!
といったイメージです。

どのようにしてこのイメージに
たどり着いたのか?

これにたどり着いた経緯として
筆者は、思考回路がおかしいので
どのように考えれば、

「どの曲を歌ってもコンスタントに
上手く歌えるのだろう」と
歌を始めた当初から考えていました。

そして、5年間ボイトレ教室に通い
独学でボイトレを研究して

このボーカルイメージで歌う
という一つの結論にたどり着いたのです。

そして、万人に当てはまるように
内容の整備もしました。

なので、本来はばちくそ有料級の
内容ですが筆者はアホなので
リスナーさんとシェアハピします!

※気持ちだけ石油王なので
有料noteは使いません。

※この記事は、歌が上手くなりたい人の
「中級者向け」の記事です!

そして、ここまでのリスナーさんの
意見としては、色々あると思います!

歌を始めたばかりの方だったら、
「なんのことかさっぱり」

半年以上経験がある
中級者の方だったら
「なんとなく言いたいことが
わかるような気がする…」

3年ほどプロ意識をもって
取り組んでいる上級者の方は
「なるほど、そういう考え方ね」

といった感じかと思います。

そして、この記事は位置付けとして
「中級者向け」です。

なので、歌を始めたばかりの
初心者の方に関しては
案内 画像

こちらの初心者向けの記事を合わせて
読むのがおすすめです!

中級者〜上級者の方については
これからやるべきことの一つの
指標になったり、今までやってきた
ことの整理になると思うので

引き続き記事を見てくださると
嬉しいです。

※8/3追記:
初級者向けのまとめ記事を作りました!

「正しいやり方」を知ることで最速で歌が上手くなる!音痴を克服した経験から、 誰でも簡単に歌が上手くなる方法を ブログ形式で更新しています。 今回の記事は、 「正しいやり方」を知ることで 最速で歌が上手くなる というテーマで記事を書きました!...

「ボーカルイメージ」を明確にすると
なぜ、最速で歌が上手くなるの?

結論からいうと、
この先のやるべきこととして

この「ボーカルイメージ」に沿って
順番に一つずつ練習をします

そうすることによって、
最速で歌が上手くなります。

本来の、何も知らないで
歌が上手くなりたいと考えて

練習と経験を積み上げた人が
歌が上手くなっていく順番としては
基本的にこう言った流れです↓

①練習をして経験を積む
②その中で色々考える
③考えたあとに改善する
④無意識or有意識で自分なりの
 歌に対するイメージができる

ですが、この記事を見てくださり
この記事を参考に、
歌が上手くなることを目指した場合
こう言った流れになります↓

①歌に対するイメージができる
②練習をして経験を積む
③その中で色々考える
④考えた後に改善する
⑤必要によってイメージを
 自分なりに変えていく

簡単に言うと、スタートして
ある程度の道標がある状態
と言ったイメージですね。

なので、歌が上手くなる
可能性が格段に高いです。

「ボーカルイメージ」に沿った
やるべき練習について具体的に解説

先ほど、ボーカルイメージに沿って
1つずつ練習をすることは
話しましたが、

実は、これ練習する順番として
①から④番の順番ではなく

④から①番の順番で
練習します!
練習順番 画像
理由は、簡単に言うと
喉の筋肉量の関係的に練習は
④からやるべきなのです!

①・②はある程度のパワーが
必要な項目なので

④・③を練習して声を支える
ことができるようになってから
やるのがいいです!

そして、歌う前に整えるべきである
「体調・脱力・音響設定」は
誰でもできる内容なので

必ず最初にやっておきましょう!
※練習とは違いますが、
一番最初に解説します。

歌う前に整える:「体調」について

体調 画像
まず、一番最初は「体調」
についてですが、

「一流の歌手の人がかなり
体調に気を使っている」といった
情報ってテレビとかでよく見かけますよね!

当たり前ですが、体調が悪いと
歌はうまく歌えません。

例えば、風邪を引いて
喉が痛い時を楽器で例えると

トランペット例 画像
トランペットのマウスピース
レシーバーが凸凹になっている
といった状態と変わらないです。

それだと、いい音を出すのは
難しいですよね、、、

なので、歌う時の体調はなるべく
クリアな状態にすることが大切で

仮に体調が悪い時は
できるだけ、歌わないようにする
ことが理想です!

※記事としてより詳細に解説する予定
なのでお待ちください!

歌う前に整える:「脱力」について

脱力 画像
脱力に関する具体的な手順は
こちらの記事で解説しています!

【歌が上手くなる方法】歌う前に体の余分な力をとる誰でも簡単に歌が上手くなる方法をブログ形式で更新しています。 今回の記事は、歌が上手くなる方法として、歌う前に体の余分な力をとるというテーマで記事を展開しています。...

記事でも解説していますが
歌う前に脱力することが重要なので
是非、その辺を意識してやってみて下さい!

歌う前に整える:「音響設定」について

音響設定 画像
音響設定については
こちらの記事で解説しました!

カラオケが上手く聞こえる音響設定の作り方【ボイストレーナーが解説】音痴を克服した経験から、 誰でも簡単に歌が上手くなる方法を ブログ形式で更新しています。 今回の記事は、 カラオケが上手く聞こえる 音響設定の作り方【ボイストレーナーが解説】 というテーマで記事を書きました!...

極論ですが、
プロの歌手がライブするとして

マイクの音量をかなり小さく
されたり、エコーをいきなり上げられたら
流石にしんどいですよね。

音響設定をしっかり行わない
と言うことは極論それと同じなので

是非、歌う前にしっかり行いましょう!

④「息の支え(腹式呼吸)」の練習方法

息の支え 画像
息の支え(腹式呼吸)の練習方法は
こちらの記事で解説しています!

【ボイトレ】ストロートレーニングについて!【腹式呼吸を簡単攻略】音痴を克服した経験から、 誰でも簡単に歌が上手くなる方法を ブログ形式で更新しています。 今回の記事は、 【ボイトレ】ストロートレーニングについて! 【腹式呼吸を簡単攻略】 というテーマで記事を書きました!...

ダンベルなどの重いものを
持つときに、人間は色々な
ボディバランスで支えながら持ちますよね

それと同じで、高音やハリのある
歌声で歌いたければ

この息の支え(腹式呼吸)が
必要なのです。

ただ、これは「ボーカルイメージ」
で解説した通りですが
常に意識する項目ではないので

練習をして、無意識でも
息の支えが歌にマッチ
するようにしましょう!

③「喉の開き」の練習方法

喉の開き 画像
喉の開きの練習方法は
こちらの記事で解説しています!

【歌が上手くなる方法】喉を開いてから歌う誰でも簡単に歌が上手くなる方法をブログ形式で更新しています。 今回の記事は、歌が上手くなる方法として、歌う前に体の余分な力をとるというテーマで記事を展開しています。...

わかりやすく楽器で例えると
トランペット例 画像
喉が開いていない=トランペットの
マウスピースが潰れてしまっている
状態と考えると分かりやすいと思います!

当たり前ですが、こうなっていたら
音は出づらいですよね、、、

ですが、意外と喉を開けていないまま
歌を歌っている方って多いので
是非記事を見て、練習してください!

これも、常に意識するのではなく
練習して、無意識でも歌に
マッチするようにしましょう!

②「どういう声で歌うか」の練習方法

どういう声で歌うか 画像
どういう声で歌うかの練習方法は
こちらの記事で解説しています!

【歌が上手くなる方法】ミックスボイス(正しいフォーム)で歌う誰でも簡単に歌が上手くなる方法をブログ形式で更新しています。 今回の記事は、歌が上手く方法としてミックスボイス(正しいフォーム)で歌うというテーマで記事を展開しています。...

「どういう声で歌うか」
順番通りめちゃくちゃ重要です。

5年のボイトレと
1年の指導経験の結論として、

8割の人が、歌を上手く歌うために
「明るい声」で歌う技術が必要です。

補足:
残りの2割当てはまらない方は
明るい声〜暗い声で実際に歌ってみて
どれが、一番プロの声に近くか
確認して「声のバランス」を整えましょう!

そして、明るい声や自分に適した声を
出した時の響きのイメージも
無意識で付いてくるように
練習しましょう!

※改めて、より詳細に動画と記事で
解説していきます!

①「曲に感情をのせる」の練習方法

曲に感情をのせる 画像
まだ、記事をみてくださっている
リスナーの方はここで少し

「スキマスイッチの奏」の最初の
イントロが流れてきたことを
想像してみて下さい!
イントロイメージ 画像
あなたが、一流のアーティスト
だったとしたら
イントロが流れたときに
何を一番最初にするでしょうか?

一流のアーティストが一番最初に
やることそれは「表情を変えることです」

その後に、ほぼ同時と言っていい
タイミングで曲に対して体を
揺らしてリズムにのりますよね。

「ほんとかよ?」って思った方は
プロの歌手(歌が上手い人なら)
誰でもいいのでライブ映像を
この目線で見て下さい!

間違いなく、
同じことをやっています。

表情やリズムに悩んだら
まずは曲に感情を乗せることを意識!

そうです、歌う時の表情や
リズムなどは本来、

曲に感情をのせれば自然と
ついてくるものなのです!

なので、歌う時の表情やリズムが
悪かったり・悩んだりしている方は

まずは、曲に感情をのせた先に
表情とリズムがあることを
一番に意識してみましょう!

※もちろん、切り分けて練習すべき
項目もあるのでなるべく早く
記事or動画で改めて解説します!

「ボーカルイメージ」って人によって
違ったりしないの?

ここまで、記事を読んでくださった
リスナーさんの疑問として

「ボーカルイメージ」っていうのは
わかったんだけど、

それって、人によって
違ったりはしないの?
と思う方もいると思います。

なので、そこについて答えると
結論は8割の人がこれにマッチする
と考えています。

ただ、残りの2割合わない人
に関しては逆に自分なりに
「ボーカルイメージ」を
アレンジして欲しいなと思っており、

もし、これをやって
3ヶ月ほど歌ってみても合わないと
感じたのであれば
アレンジしてみてください!

ただ、アレンジしたとしても
必ずここでやった練習は無駄
になることはないので、

この「ボーカルイメージ」と
それに沿った練習は、
そういった意味でみても
必ずやる価値があります!

まとめ

まとめ 画像

最後まで記事を見ていただき
ありがとうございます!

今回は、かなり長い記事でしたが
最速で歌が上手くなるために重要な
「ボーカルイメージ」について
解説させていただきました!

自分で言うのもあれですが、

今までのボイトレ経験の集大成的な
内容の記事に仕上がったと
自負しています。

5年かけて作り出した内容だけ
あって、ほぼ万人に当てはまる
内容となっているので

ぜひ、この内容を元に練習
してみてくださいね〜!

あと、追加解説予定のものに
ついてはなるべく早く対応
して行けたらと思います、、、

それではまた、次回の記事で
お会いしましょう!