歌が上手くなる【中級】

【歌が上手くなる方法】常に少し高いハードルを飛ぶべき

こんにちは、ボイトレブロガーの
かづき(@かづき)です!

今回は歌が上手くなる方法として
常に少し高いハードルを飛ぶべき
というテーマで記事を書きました。

約3分で最後まで読めますので
お付き合いいただけると
幸いです、よろしくお願いします。

おなやみ君
おなやみ君
歌を練習するときの課題曲は
決めたけど

簡単な曲を何回も練習して
確実に歌えるようにしたほうが
いいのかな?

それとも、全然歌えない曲を
ひたすらできるまで
練習するほうがいいのか…
いまいちわからないな~

ねっけつ君
ねっけつ君
簡単な曲を確実に歌えるよう
練習することも大切だけど

一番大切なのは少し難しい曲を
練習習することだよ!

詳しく解説していくね!

ボイトレを語るにあたって


筆者は高校時代超絶音痴で、周りから

「歌は向いていない、やめたほうがいい」
といわれるレベルでした。

しかし、5年間のボイトレを
続けたことで、歌がかなり上達し

現在では、ボイストレーナーとして
生徒さんに対して指導を行うレベルまで
成長できました。

本当に下手なところから上達した経験を
もとにブログを更新しているので

皆様に役立つ情報を発信できると
確信しています!

↓参考記事
【自己紹介】ボイトレブログを書くにあたって

↓参考音源

5年前はこのぐらい下手でした
(下手すぎて恐怖音源レベル)


 

5年間のボイトレでここまで変わりました
(まだまだ修行中ではありますが)

 

歌が上手くなる方法:常に少し高いハードルを飛ぶ

歌を練習する際に
課題曲は決めたけど

簡単な曲か、難しい曲どれに
重点を置けばいいかわからない

そんな方に向けて今回この記事を
書きました。

※課題曲設定についての記事を
まだ読んでいないという方は
こちらをどうぞ↓

【歌が上手くなる方法】課題曲を決める

常に少し高いハードルを飛ぶことが
なぜ重要か分かりやすく具体例で
解説します。

常に少し高いハードルを飛ぶ具体例

今回は某RPGゲーム(ドラ〇エ)の
レベル上げで例えようと思います。

簡単な曲(C目標の曲)
⇒ずっとスラ〇ムを倒して
 低い経験値でレベル上げをする

少し難しい曲(B目標の曲)
⇒ちょっと先の町でギリギリ倒せる
 経験値が高い敵を倒してレベル上げ

難しい曲(A目標の曲)
⇒かなり先の町でほぼ倒せない敵を
 奇跡的に倒してかなり高い
 経験値にかけてレベル上げ

結論、この中で一番効率いいのって
少し難しい曲を歌うことですよね。

あんまり簡単なことばっかり
やっていても成長しない。

でも、いきなり上を見すぎても
急に難しいことはできない
といった感じですね。

ただ、歌はドラクエのレベル上げ
とは違うので簡単な曲を練習することも

難しい曲を練習することも大切です。

その中でも、特に大事なのは
少し難しい曲を練習すること
といった感じ。

具体的になにをすればいいか

ここまで、歌が上手くなる方法として
常に少し高いハードルを飛ぶことを
お勧めしましたが

具体的に何をすべきか教えてほしい
という、意見がありそうなので

具体的にやることとして実際に
筆者が週1で行っている練習を紹介します。

1週間に一回、1時間カラオケに行く
1時間の中で

①C目標の曲を2曲歌う
②B目標の曲を4曲歌う
③目標の曲を1曲歌う

※1曲歌い終わってから
 5分くらい休憩

こんな感じです。
5年ほど歌っていますが
未だに重点を置いているのは
少し難しい曲(B目標)ですね。

あくまで、参考として載せているので
人によって変わる練習内容に合わせて

そのまま真似して使ったり
アレンジして使ったりしていただけると
いいと思います。

まとめ

最後まで記事を読んでくださり
ありがとうございます!
今回の記事では

①歌が上手くなる方法として
 常に少し高いハードルを飛ぶ
②具体的にやるべきこと

2点について書かせていただきました。

次回もこのようにボイトレに関する
情報を更新しようと思いますので
また見ていただけると幸いです。

記事に関しては以上になりますが
記事に関する質問・歌に関する
質問がある方は
お気軽に連絡してください!(@かづき)

TwitterのDM・ブログ質問フォーム
どちらでも大丈夫です!

※基本的にすべての質問にお答えします。

では、また次回の記事で
お会いしましょう!