ボイトレ【中級】

【ボイトレ】ストロートレーニングについて!【腹式呼吸を簡単攻略】

こんにちは、5年のボイトレで
音痴を克服したボイストレーナー

かづき(@かづき)です!

今回はボイトレとして話題の
「ストロートレーニング」をやるべき理由
について記事内で解説しています!

おなやみ君
おなやみ君
「歌が上手くなる方法として
(ストロートレーニング)が
話題になっているけど、

なんでこれが歌が上手く
なることにつながるんだろう?」

今回はこのような疑問を
解決していきたいと思います!

今回も、音痴を克服した経験を元に
歌が上手くなる方法について
記事を書いているので、

最後まで読んでいただけると
嬉しいです、よろしくお願いします!

ボイトレを語る筆者の信頼性

5年のボイトレで音痴を克服した
という点が、一番わかりやすい
信頼性だと思います!

【自己紹介】ボイトレブログを書くにあたって誰でも歌が簡単に歌が上手くなる方法をブログ形式で更新しています。 今回の記事は、ボイトレブログを書くにあたって筆者の意気込みとボイストレーナーとしての強みを、記事として書いています。...

この記事を読むと歌が上手くなる理由

歌が上手くなるために重要な
「正しいやり方」を軸に
記事を書いているので

この記事を含め他の記事を
見てもらえると、歌が上手くなる
ことにつながると考えています!

https://kazukivoitoreblog.com/utagaumakunaruriyuu

【ボイトレ】ストロートレーニングとは?

歌が上手くなる方法 ストロートレーニング 見出し画像
まず、ストロートレーニングとは
何かということについて一言でいうと
腹式呼吸の練習です!

ストロートレーニングについて
色々な動画や、記事を見かけますが

腹式呼吸の練習であることを
念頭においてやるべきです。

ストロートレーニングの具体的なやり方

具体的なストロートレーニングの
やり方は、めちゃくちゃ簡単で

①ストローをくわえる
②ストローを使って息を出し切る
③ストローを使って息を限界まで吸う

これを5セットほど、歌う前に
練習としてやるだけでOK!!

慣れてきたら、ストローなしで
ストローを使った時の息の感覚を
思い出して5セット

①息を出し切る
②息を限界まで吸う

これをやりましょう!

あとこれをやった時に
・お腹が凹んで息が出る
・お腹が膨らんで息が入る
この感覚も確認しましょう!

なぜ、この感覚(腹式呼吸)が大事なのか

腹式呼吸 見出し画像
ストロートレーニングで掴んだ
「腹式呼吸」がなぜ大切なのか
という点について、

まず、この練習が正しくできてる状態
=横隔膜という筋肉をメインに使った
呼吸になっています!
横隔膜 画像

※通常時の呼吸は胸周りの筋肉を
 メインに使っていることが多い
胸式呼吸 見出し画像

この状態の時に普段の呼吸と何が
違うかというと、

①息に適度な圧がある
②息の量が適度に少なくなっている

大きく、この2つです。

ホースの水をイメージしよう

ホースの水をイメージすると
わかりやすいと思います!

ホースの口をそのままだと
水の勢いがない
ホースの水 勢いなし 画像

ホースの口を絞ると
水の勢いがつき細く出ていく
ホースの水 勢いあり 画像

簡単にいうと、歌を歌う時には
基本的にこのホースの口を絞った
状態の息を使うべきなのです!

※低音〜高音で強弱はあるが
 基本はこのイメージ
→低音は少し弱い〜高音強くなっていく

ストロートレーニングを歌に活用する方法!

ストロートレーニングを
歌う前に実践する他に、

この練習で得た息を出す時の
感覚に声をのせる練習をするのが
おすすめです!

具体的なやり方は、

先ほど解説したトレーニングの後に
「ヤ」の音を使ってピアノのC4で
声を出していきましょう!

この声を出した時にお腹で
声を支えている感覚+いつもより
楽にいい声が出せるようになればOK!

あとは、その感覚を歌に
慣らしていきましょう!

まとめ

まとめ 見出し画像
最後まで記事をみていただき

ありがとうございます!

今回は、最近話題になっている
「ストロートレーニング」
について解説させていただきました!

腹式呼吸は、正しい発声をしていく
補助としてかなり重要なので
是非、練習してマスターしましょう!

今回初めて、腹式呼吸について
解説しましたが続編も出そうと思うので
お楽しみに〜!