歌が上手くなる【初級】

【歌が上手くなる方法】音程の基礎知識を理解する

こんにちは、ボイトレブロガーの
かづき(@かづき)です!

今回は歌が上手くなる方法として
音程の基礎知識を理解するという
テーマで記事を書きました。

約5分で最後まで読めますので
お付き合いいただけると
幸いです、よろしくお願いします。

さらっとみたい方はこちらの
Youtube版をどうぞ!↓

おなやみ君
おなやみ君
音程の基礎知識?
そういう音楽理論の
話は難しそうでやだなぁ…

ねっけつ君
ねっけつ君
本当の基礎部分についての
内容だから、とても簡単だよ!

誰でも理解できる内容だから
頑張ってみていこうぜ!

ボイトレを語る筆者の信頼性

5年のボイトレで音痴を克服した
という点が、一番わかりやすい
信頼性だと思います!

【自己紹介】ボイトレブログを書くにあたって誰でも歌が簡単に歌が上手くなる方法をブログ形式で更新しています。 今回の記事は、ボイトレブログを書くにあたって筆者の意気込みとボイストレーナーとしての強みを、記事として書いています。...

この記事を読むと歌が上手くなる理由

歌が上手くなるために重要な
「正しいやり方」を軸に
記事を書いているので

この記事を含め他の記事を
見てもらえると、歌が上手くなる
ことにつながると考えています!

 

https://kazukivoitoreblog.com/utagaumakunaruriyuu

 

歌が上手くなる方法:音程の基礎知識を理解する

歌が上手くなるために、難しい音楽理論の
理解が必要と考えている人、いませんか?

そんな方に超朗報なのですが
その必要はありません。

歌が上手くなるのに
難しい音楽理論は
必要ないですが代わりに

今回の記事でお話しする
音程の基礎知識だけ
理解できればOKです。
(超簡単な内容です)

下述で深堀していきます。

歌が上手くなるために必要な音程の基礎知識①:英語表記のドレミファソラシド

音程といえば、おなじみである
ドレミファソラシドがしっくり
くる方が多いと思いますが

英語表記のドレミファソラシドが
登場する場面が何かと多いので
下記の画像を元に覚えましょう

ドレミファソラシド一覧

歌が上手くなるために必要な音程の基礎知識②:オクターブ

音程にはオクターブという概念が
存在します。

下記画像はピアノアプリの
画像ですが、

ピアノアプリの音の名前に

数字がふってあると思いますが
これがオクターブを表しています。

オクターブ表記

アプリ上では、0~8オクターブ
まで存在していますが

現代のJPOPの主な音域は
ほぼ3~5オクターブをメインで
使っています。

歌が上手くなるために必要な音程の基礎知識③:よく使われる音域のイメージ

先ほどのオクターブに関して
どのオクターブの、どの音だと
どれぐらい高いのか、低いのか

しっくりこないと思うので
下記画像で表しました。

・男性の場合
よく使われる音域イメージ(男性)

・女性の場合
よく使われる音域イメージ(女性)

※この図は8割の人に当てはまる
 という位置付けで作っており

 元の得意・不得意で多少のずれが
 生じる内容なのでご注意くたださい

歌が上手くなるために必要な音程の基礎知識④:曲の最低音・最高音を知ろう

ここまでの内容が理解できたら

最後に自分が歌いたいと思っている曲の
一番低い音はどれか、一番高い音はどれか
を確認しましょう。

確認する方法は下記のサイトで
自分の歌いたいと思った曲を検索して
最低音・最高音を確認しましょう。

音域検索サイト①

音域.com

音域検索サイト②

音域データ!@ウィキ

例えば、レミオロメンさんの
粉雪だった場合は

下記のように表示されます。

・音域.comの場合
音域.com表記

・音域データ!@ウィキの場合
音域データ!@ウィキの場合

※HiAなど、声楽特有の表現で
 音域が表現されているので
 こちらの表を使って
 確認してください

音域表

まとめ

最後まで記事を読んでくださり
ありがとうございます!
今回の記事では

①歌が上手くなる方法として
 音程の基礎知識を
 理解することの重要性

②英語表記のドレミファソラシド

③オクターブ

④よく使われる音域のイメージ

⑤曲の最低音・最高音を知ろう

5点について書かせていただきました。

次回もこのようにボイトレに関する
情報を更新しようと思いますので
また見ていただけると幸いです

記事に関しては以上になりますが

記事に関する質問・歌に関する
質問がある方はお気軽に連絡ください!

TwitterのDM・ブログ質問フォーム
どちらでも大丈夫です!

Twitter:(@kazuki_voitore)

質問フォーム:お問い合わせページ

レッスン詳細:ボーカルレッスン詳細

では、また次回の記事で
お会いしましょう!