歌が上手くなる【初級】

【歌が上手くなる方法】カラオケ採点にとらわれない

こんにちは、ボイトレブロガーの
かづき(@かづき)です!

今回は歌が上手くなる方法として
カラオケ採点にとらわれない
というテーマで記事を書きました。

今回も、音痴を克服した経験を元に
誰でも簡単にわかる歌が上手くなる方法
について書いているので、

最後まで、お付き合いいただけると
幸いです、よろしくお願いします!

おなやみ君
おなやみ君
え?カラオケ採点にとらわれない?
カラオケ採点の点数が高い
=歌が上手いってことじゃないの?

ねっけつ君
ねっけつ君
タイトルの通りそうとも
限らないんだぜ!

もちろん点数が高いに
越したことはないんだけど…

ただ、必ずしも点数が全てじゃない!

その理由を解説していくから
是非最後まで読んでね!

ボイトレを語る筆者の信頼性

5年のボイトレで音痴を克服した
という点が、一番わかりやすい
信頼性だと思います!

【自己紹介】ボイトレブログを書くにあたって誰でも歌が簡単に歌が上手くなる方法をブログ形式で更新しています。 今回の記事は、ボイトレブログを書くにあたって筆者の意気込みとボイストレーナーとしての強みを、記事として書いています。...

この記事を読むと歌が上手くなる理由

歌が上手くなるために重要な
「正しいやり方」を軸に
記事を書いているので

この記事を含め他の記事を
見てもらえると、歌が上手くなる
ことにつながると考えています!

かづき@ボイトレブログの記事を読むと歌が上手くなる理由このページでは このブログのすべての記事に共通する 「なぜ記事を見ると歌が上手くなるのか?」 という本質とか、前提条件に近...

歌が上手くなる方法:カラオケ採点にとらわれない

主張の繰り返しになりますが

歌が上手くなるためには
カラオケ採点にとらわれることを
やめましょう。

筆者がレッスンをしてる経験から
カラオケの点数が高い=歌が上手い
と考える人が多いと感じていますが

そのように考えるのは
自分の歌が上手くなる可能性を
捻じ曲げてしまう恐れがあるので

下記に直しましょう↓

【正しい考え方】
歌が上手くなってきた
⇒カラオケ採点の平均点が伸びた

なぜ、このように考えるべきか
下述で深堀します。

理由①:オクターブ

カラオケの採点の点数の要と
なっているのは音程(ピッチ)
の要素なのですが

※これで点数が7.5割ほど決まります

カラオケの採点では、オクターブが
原曲より下or上で歌っても
音程が合います。

わかりずらいので画像で解説します。
オクターブ解説

 

※オクターブについて把握していない
方はこちらの記事を参照してください↓
【歌が上手くなる方法】音程の基礎知識を理解する

オクターブがあっていなくても
音程が合うことから出てくる
悪い例が2つあります。

【悪い例①】
無意識に高いと思ったところを
低いオクターブで歌う
※男性ボーカルに多い

【悪い例②】
低いと思ったところを
高いオクターブで歌う
※女性ボーカルに多い

2つとも歌としては
成立していないのに
カラオケ採点の点数は
高いということが起こる
可能性があるので

要注意です。

理由②:ピッチ

カラオケ採点はピッチを重視した
採点で、音程があっていても

ピッチがほんの少し悪いだけで
点数が大幅Downします。

ピッチ解説

ピッチについて把握していない
方はこちらの記事を参照してください↓

【歌が上手くなる方法】ピッチについて理解する

ただ、歌が上手い人でも
ピッチは100%とることは
難しいし、外れるときは外れます

ただ、そのピッチが採点の
マストを握っているので
いくら音程が取れても
ピッチが少し悪く点数が
悪い時もあるといった感じです。

理由③:表現力

カラオケ採点の表現力において
このようなイメージになります

1位:抑揚
⇒表現力による加点の
 マストを占めている

2位:ビブラート
⇒点数上がって1~2点ぐらい

抑揚というのは表現力の中でも
一番つけるのが難しいです。


カラオケ採点で点数を上げるために

抑揚をつけるとすると

1フレーズの中に小さい音と大きい音を
入れる必要があります。
がとても難しいし、実際の歌の抑揚とは
ちょっと違います。

あくまで、機械の採点なので
人による声質や癖などの違いから
実際には抑揚がついていも
反応しづらかったりすることが
あったりします。

 

結論:歌が上手くなるために、カラオケの採点は目安として見ましょう


上述で述べた理由からカラオケの採点は
歌が上手く歌えているかどうかの
目安として見ることをお勧めします。

ただ、ポイントが2点あります。

ポイント①:音程が85%を超えていることを目指す

85%を超えていると
ピッチがある程度取れていて

歌が上手く聞こえる
最低ラインに到達していると思います。
音程85%以上 写真

ポイント②:点数は最低88~90(素点で)を目指しましょう

音程が85%を超えた時点で
88~90点が結構みえてきます。

プロの歌手でも自分の歌を
カラオケで歌っても人によっては
88~90らへんという方も
結構いるという話もあるので

歌い方の癖や元の声質が
カラオケ採点との相性が悪い人
(でも歌はうまい)

の点数のラインとして
このぐらいだと
考えています。

まとめ

最後まで記事を読んでくださり
ありがとうございます!
今回の記事では

①歌が上手くなる方法として
 カラオケ採点にとらわれない
②結論:カラオケ採点は目安とする

2点について書かせていただきました。

次回もこのようにボイトレに関する
情報を更新しようと思いますので
また見ていただけると幸いです。


記事に関しては以上になりますが

記事に関する質問・歌に関する
質問がある方は
お気軽に連絡してください!(@かづき)

TwitterのDM・ブログ質問フォーム
どちらでも大丈夫です!

※基本的にすべての質問にお答えします。

では、また次回の記事で
お会いしましょう!