歌が上手くなる【初級】

歌が上手くなるために「発声練習」と「歌唱練習」の切り分けが重要!

こんにちは!5年のボイトレで
音痴を克服したボイストレーナー

かづき(@かづき)です!

突然ですが、リスナーさんは
「発声練習」と「歌唱練習」という
この2つの言葉、そして2つの
違いについて知っていますか?

今回は、歌が上手くなるために
「発声練習」と「歌唱練習」を
切り分けることの重要性について
解説していこうと思うのですが

いきなり「発声練習」「歌唱練習」
といわれてもしっくりこない
リスナーさんも多いと思うので

まずは、2つがどういうものか
から順番に解説していこうとおもいます!

「発声練習」とは何か?

発声練習 説明 見出し画像
発声練習=歌を歌うたう時に
一つの音を出すためのフォームを
整えていくことです。

例えば、スキマスイッチの奏だと

改札の前繋ぐ手と手の
改札の「カ」のこの一つの声の
当て方を良くするための練習

これが「発声練習」です!

「歌唱練習」とは何か?

歌唱練習 説明 見出し画像
歌唱練習=歌の表現部分を
練習していくことです。

ここでもスキマスイッチの
奏を
例にすると、

改札の前繋ぐ手と手の
最後のフレーズ終わりの
「テ」にビブラートをかけて
感情の起伏を表現する練習など

これが「歌唱表現」です!

「発声練習」と「歌唱表現」を
切り分けると、なぜ歌が上手くなるの?

発声 歌唱 切り分け 上手くなる理由 見出し画像
この2つを切り分けすると
歌が上手くなる理由は、
「練習の効率が格段に上がるから」
これが一番の理由です。

逆に、この2つの切り分けが
できていないまま歌の練習を
している人は練習が正しく
機能していない可能性が高いです。

歌が上手くなりたい・そのために
正しい練習をしていきたい。
そのように考えるなら

「発声練習」と「歌唱練習」は
必ず切り分けて練習して

発声練習→歌唱練習の順番で
練習していくことがおすすめです。

そして、具体的にどのように2つを
切り分けてイメージすればいいのか
についても解説していきます。

「発声練習」の具体的なイメージ
=初級〜中級者編

見出しの通りですが
「発声練習」は歌が上手くなる
初級〜中級者向けの内容です。

具体的なイメージとしては

初級:
・声が全然出ない
・すぐ声が枯れてしまう
(歌の歴は半年未満)

中級:
・もっと声量を出したい
・なんだか自分の声が微妙
(歌の歴は一年未満)

このような悩みを抱えていて
歌の歴が一致する方は初級〜中級の
練習からスタートした方がいい
可能性が高いです!

※イメージを目安に自分で判断
 してみてください

「歌唱練習」の具体的なイメージ
=上級者〜プロ編

「発声練習」の練習が終わった方
または、すでに発声が完成している方は
この上級者〜プロ編の「歌唱練習」に
ステップアップしていきましょう!

具体的なイメージとしては

上級:
・音程や声量が良いのにイマイチ
 自分の歌に魅力を感じない
(歌の歴は一年〜三年)

プロ:
・歌のプロとして、自分だけの
 オリジナリティがある曲を歌いたい
(歌の歴は三年〜五年)

歌唱練習はこのような方に
マッチする内容です!

※こちらもイメージを目安に
 自分で判断してみてください

具体的にどんな練習をすれば良いの?

具体的な練習 見出し画像
「発声練習」については2つの記事で
内容をまとめているので
この記事を参考に練習するのが
おすすめです↓

https://kazukivoitoreblog.com/tadashiiyarikata

https://kazukivoitoreblog.com/vocal-image

「歌唱練習」についてはまだ
当ブログではまとめを
作成できていないのですが

この本を読めば、歌唱練習の
項目を全て網羅できるので
おすすめです!

人気ボイトレ本:当ブログおすすめランキング4位

どのぐらいの期間で上手くなるの?

歌が上手くなるために必要な期間は3か月【ボイストレーナーが解説】音痴を克服した経験から、 誰でも簡単に歌が上手くなる方法を ブログ形式で更新しています。 今回の記事は、 歌が上手くなるために必要な期間は3か月 【ボイストレーナーが解説】 というテーマで記事を書きました!...

↑練習期間のイメージについては
こちらの記事でまとめています

ここでも簡単に説明すると

初級〜中級:
長くて3ヶ月、早くて1ヶ月

中級〜上級:
長くて3ヶ月、早くて1ヶ月

上級〜プロ:
3ヶ月〜1年

こういったイメージになります!
記事の方ではより詳細に注意点なども
解説しているので、合わせて確認して
みてくださいね!

まとめ

まとめ 見出し画像
最後まで記事を見ていただき
ありがとうございます!

今回は、歌が上手くなるために
「発声練習」と「歌唱練習」を
切り分けることの重要性について
解説させていただきました!

不要な練習をなくすためには
この「発声練習」と「歌唱練習」を
切り分けるという考え方が
かなり重要になってくるので

是非、この記事の内容を
参考に練習してみてくださいね〜!